八王子の熟練リフォーム会社3選 » 絶対に避けたいリフォームのトラブル事例

絶対に避けたいリフォームのトラブル事例

業者選びを誤ると、契約時や施工後に思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。ここでは、リフォームに関するトラブル事例をまとめました。

契約時

着工してくれない

雨漏りが始まったので、急いでリフォーム業者と契約を結び、工事に必要な費用の半分を着工前に支払いました。ところが、工事予定日を過ぎても着工してくれません。もう他の業者に依頼したいので、支払った費用を全額返還してほしいです。

施工中

許可なく外壁に穴を開けられた

太陽光発電パネルを取り付けるリフォームを行ないました。設置が完了したと聞いて確認してみると、外壁に謎の黒光り部分が…。おかしいと思い業者に確認すると「パネル設置の際にはしごを固定する必要があり、外壁に穴を開けた」とのこと。黒光り部分は、パテで埋められた穴だったようです。

穴を開けるという話は一切聞いておらず、もちろん許可していません。しかし苦情を言っても、相手は「事前に説明しています」の一点張り。納得できる対応は、今のところしてもらえていません。

ずさんな工事計画のせいで施行費用が増えてしまった

従業員同士の連携がとれていないせいで、無駄なコストを私が払うことになりそうです。

施行前に建築士が家の劣化状態を確認した際、外壁仕上げが浮いていることを指摘しながらも「問題なし」として見積もり書を作成しました。その後、塗装工による作業が始まると「外壁の浮きが酷すぎるので、左官業者・大工にやり直してもらう必要がある」と言い出したのです!どうやら、費用は当初の倍になるとのこと。最初に建築士が適切な見積もりを出してくれていれば…と思うと、やりきれません。

アフターフォロー

不具合の調査に動いてくれない

屋根の葺き替えリフォームを行ないました。工事終了から半年経った頃、天井になぜかシミが…。調べてみると、葺き替えたばかりなのに雨漏りしていることがわかりました。あまりにも不具合が出るのが早すぎるので、担当者に「一度見てもらえないか?」と相談。口頭で依頼しているだけなので効力がないのか、担当者は動こうとしてくれません。

リフォームに関する相談件数は1年で1万件超え!

住宅専門の相談窓口「住まいるダイヤル」の2018年の発表では、リフォームに関する相談は1万138件でした。工事の仕上がりや工事の合意不足など、相談内容はさまざま。契約時に業者と認識を擦り合わせ、契約内容に過不足ないか十分に確認しておかないと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

トラブルを避けるためには信頼できる会社選びが重要

もちろん、トラブルを起こすようなリフォーム業者はごく一部です。多くのリフォーム業者は、依頼者の要望を叶えることを最優先に考えています。誠実に仕事を行なう、信頼できる業者を選びましょう。業者が信頼できるかどうかは、普段の仕事ぶりから判断できるもの。公式サイトで施工事例を紹介している業者であれば、どのような対応をしてくれるかイメージできるでしょう。また複数の業者を比較することも大切です。

技術力・対応力◎な
八王子のリフォーム会社3選

八王子
熟練リフォーム会社3選

実績56年
(1963年創業)
展示場・ショールームの数3ヶ所
実績55年
(1964年創業)
展示場・ショールームの数無し
実績56年
(1963年創業)
展示場・ショールームの数3ヶ所
実績32年
(1987年創業)
展示場・ショールームの数1ヶ所